1990年代

1990年代に発売されたボードゲームです。

ドイツを中心に海外でボードゲームが本格的に盛り上がり始めたのがこの年代です。そしてそのきっかけの一つと言えるのが、1995年に発売された「カタンの開拓者たち」という、世界で大ヒットしたボードゲーム。そのゲームによって今のボードゲームが持つエッセンスが完成したと言ってもいい、記念すべきゲームです。

今でもエリアマジョリティの初期の傑作として名高い「エルグランデ」や、長く愛されるカードゲーム「6ニムト」、文明の勃興を描いた名作「チグリス・ユーフラテス」など素晴らしいゲームがこの年代にいくつも生まれました。
「アグリコラ」などの重量級ゲームを次々とヒットさせているゲームデザイナーのウヴェ・ローゼンベルク氏も、この頃は豆のイラストで有名な交渉ゲーム「ボーナンザ」や、ピザ作りゲーム「マンマミーア」などの小粒ながらピリリと辛いカードゲームを作っていました。

トレーディングカードゲームの元祖である「マジック・ザ・ギャザリング」が発売されたのも、1993年のことです。今はボードゲームにもトレーディングカードゲームのデッキ構築システムが取り入れられたりしていますが、この頃から肩を並べて進化してきたんですね。

この時代のゲームを今プレイすると「まだこの頃はシステムが洗練されていない」などと言われたりもしますが、荒削りで下手に触ると怪我をするような、切れ味の鋭いゲームがたくさんあって、僕はこの頃のゲームが大好きです。

僕が海外のボードゲームに出会ったのは2002年にカプコンが発売した日本語版「カタン」だったので、当時僕が楽しんでいたのも主に90年代のゲームでした。そういう意味でも、思い出深い時代です。

BLUFF ブラフ

魂がひり付くような、ギリギリの駆け引きができる極上のダイスゲーム。

Once Upon A Time ワンスアポンアタイム

「むかしむかし、あるところに……」で始まる、世界に一つだけの物語を作るゲーム。

QUO VADIS? クオ ヴァディス

あまりにも美しいボード。完成されたデザイン。裏腹に、交渉と、裏切り、陰謀と策略、権謀術数のゲーム。